若手プログラマ向けに、プログラマの生産性を向上する方法を紹介します。

生産性向上を目指すプログラマ塾

できるプログラマになりたければ、生産性を向上せよ!

生産性向上を目指すプログラマ塾

IT土方とも言われるプログラマという職業。優秀なプログラマである要素のひとつは生産性です。いかに生産性をあげるかが、プログラマとしてのキャリアアップのキーポイントであるといっても過言ではないでしょう。プログラマの生産性向上のためのヒントを紹介します。 生産性を向上し、キャリアアップを目指すなら、プログラマのための求人サイト|レバテックフリーランスで転職先を探しみてるのも良いでしょう。

プログラミングの生産性向上について

プログラミングの生産性向上について

できるプログラマと、ダメなプログラマの違いは、生産性の高さで図ることができます。同じプログラムを、いかに早く、効率よく、美しいコードで書き上げ、高い完成度を保てるか。ということになるわけですが、そのレベルには激しい差があります。残念なケースとしては、ああだこうだとこねくり回し、汚いコードを書き連ねた結果、正常に動作しませんでした、ということもありえます。生産性が低いというよりも、あらゆるものを浪費しただけという最悪のパターンです。少しでも生産性をあげるためのコツとポイントを紹介します。 詳細はこちら

システム開発での生産性向上について

システム開発での生産性向上について

個々の生産性が上がってもプロジェクト全体の生産性向上につながるとは限りません。プログラマやSEなど、IT業界で働くエンジニアたちの労働環境は決して楽とは言えません。開発プロジェクトの納期が近づけば、昼も夜もなく、家に帰るのはいつも終電、もしくは会社やサーバルームの一角で仮眠を取り、ろくな食事もできずに仕事にあけくれるという目にあっているエンジニアがほとんどではないでしょうか。プロジェクトの生産性を向上することによって、多少はマシになるかもしれません。システム開発の生産性は、時間と労力と難易度という3つの軸から考えることができます。 詳細はこちら

生産性向上の敵「多重下請け構造」について

生産性向上の敵「多重下請け構造」について

IT業界ビジネスは、多重下請け構造が確立されてしまっています。この多重下請け構造こそが、IT業界の生産性の低下につながっているといわれています。多重下請け構造とは、ゼネコン同様、ピラミッド型の頂点にあたるごく一部の元請から下請け、孫請けに仕事が流れていく構造です。多数の企業やフリーランスがピラミッドの底辺にあたり、そこで働くエンジニアたちは必然的に、短い納期に追われながら低賃金で激務をしいられるかたちになります。プログラマという個の生産性という視点から見れば遠く思える視点かもしれませんが、業界における生産性の向上を考える上で、この多重下請け構造についても把握しておくべきでしょう。 詳細はこちら

生涯プログラマとして生産性向上を目指す

生涯プログラマとして生産性向上を目指す

生産性を向上させるために企業としてはプログラマだけでなく、SEやプロマネといったマネジメント職も必要となります。しかし、生涯プログラマとして仕事をしていきたいと考える人も多いのがIT業界の特徴でもあります。通常、昇格や出世などして現場作業から離れることを望むものですが、プログラマは、ずっとプログラマでありたいと思う人が多いものです。どうすれば会社にも必要とされ自分の大好きなプログラムをやり続けることができるのか、考えてみましょう。 詳細はこちら

今読まれている人気の記事

プログラミングの上達が早い人の特徴

プログラミングの上達が早い人の特徴 プログラミングが早い人、ただ早いだけではなく本サイトのテーマの通り、生産性の高いプログラマの特徴を紹介します。生産性の高いプログラマは、広い視野を持って全体を俯瞰しています。目の前にあるコードだけを見るのではなく、最終的な完成形の一部としてプログラムを捉えられるかどうかで、その完成度には違いがでます。コードを書く速度はとにかく毎日書くことにつきます。毎日書いて、かつ、公開することがポイントです。

システム開発の生産性向上の落とし穴

システム開発の生産性向上の落とし穴 システム開発プロジェクトにおいて生産性向上をめざすにあたっては、陥りがちな落とし穴にも気をつけなければなりません。仕様も納期も決められた中での開発なのか、開発しながら仕様を決めるケースなのかによっても、生産性向上のための選択は変わります。目的に合わせたものを採用すること、トップダウンで決定しないこと、導入コストを考えること、そして導入後の現状確認を怠らないことが、落とし穴を避ける秘訣です。

多重下請け構造とは

多重下請け構造とは ITゼネコンとも言われる多重下請け構造について、その現状と問題点について把握しておきましょう。ピラミッド型の頂点から底辺にむかって仕事がだんだんとおろされていく、多重下請け構造こそが、生産性向上の元凶となっているといわれます。底辺に位置する企業で働くエンジニアや、フリーランスエンジニアなどは、否応なく低賃金・重労働・しりぬぐいまでも強いられることになります。元請からおりてくるのはありがたい仕事だけではないということです。

page top

生産性向上を目指すプログラマ塾

Copyright © 2014 生産性向上を目指すプログラマ塾 All Rights Reserved.